【募集内容を分けた方がいい場合もあります】

企業によっては複数の商品・サービスで代理店を募集したい、という場合があると思います。
この場合は、ぜひバラバラに募集することをお薦めします。つまり、あれもこれも扱えますと募集するのではなく、1つの商品ごとに募集するという意味です。
これを一緒に募集しようとして「(会社名)の代理店募集!」とするのですが、よほど企業名が認知されているか商品・サービス内容を表していない限り上手くいきません。
応募があった際の資料は同一でもいいですが、募集は分けてください。ほとんどの場合、その方が代理店募集に成功しています。
この商品はどういう先に売ればいいものか、どういうニーズがあるか、自社のビジネスに関連付けて売ることができるか、などが明確になるので集まりやすいものと思われます。
参考になれば幸いです。

PAGE TOP