【スタートダッシュ、考えてますか?】

事業説明会に参加して、個別に面談して、契約して、初期研修をやってもらって、販売開始する。
この一連の流れがスムーズにできてない本部さんが多くあります。
代理店側からしたら、気に入ったのだから早く売りたいものですが、契約書が届かない、研修が行われない、何も連絡がこない、ということが少なくありません。
人気のある商材はどっと代理店候補が集まってくるので、一人二人の専任スタッフでは追いつかないことがあります。スムーズに流れるように、始めの準備をしっかりしておけばこんなことにはなりません。
さて、代理店さんとしては、すぐに売って成果を出したいものです。いわゆるスタートダッシュ、ロケットダッシュ、したい訳です。
入金のフローにもよりますが、1ヶ月でも1日でも早く売上が上がれば、貴社と契約して良かったと実感します。
そのためには、貴社が代理店さんのスタートダッシュのことを初めから考えておく必要があります。貴社の都合で契約がもたついたり、研修を待たせたりしてはいけません。
・契約フローをシンプルに
・研修の日程を先に決めておく
(オンラインでの研修もオススメです)
・デモ用、ディスプレイ用などスターターキットをすぐに発送できるようにしておく
・モデル代理店を示す
・行動目標を一緒に考える
昨日のパッケージ化提案も有効ですね。
1ヶ月放っておいたらもう2度と貴社のために動いてくれない。そう思って、スタートダッシュについて十分考え、準備しておきましょう。

PAGE TOP