【契約の種類を増やす】

代理店展開する際に、紹介だけしてもらう、あるいはクロージング=契約までしてもらう、など業務範囲を決める必要があります。
先日のセミナー参加企業様の中でも、紹介の方がうまくいってるケースと、紹介が全然出てこないケースがありました。
コンビニエンスストアのフランチャイズでは、契約のパターンが20種類近くあるといいます。
代理店の場合も一つ二つと限定せず、複数のパターンがあっても良いのです。
今もし一つのパターンでしか展開してないようでしたら、ぜひ別のプランを打ち出してみてください。
当たるパターンを他社よりも先に見つけられるかが勝負です!

PAGE TOP