ターゲットを明確にした代理店の募集(長野のアイゼット、省エネ照明の代理店倍増)

情報元:2011年10月18日日本経済新聞 電子版

照明器具開発・販売のアイゼットが手薄だった中部や関西などで代理店を開拓し、1~2年で現在の2倍に増やす計画があるという。

LED照明に比べ3分の1程度で導入できる利点を訴えかけ、地方スーパーなどに売り込む。

現在の代理店の約80社のうち6割近くが東京都に集中しているため地方に開拓するということだ。

代理店の募集方法は明らかにしていないが、ターゲットを明確にした代理店の展開は理想的だ。

関連記事

PAGE TOP