イベントの活用(セールスフォース・ドットコム、パートナー戦略を大幅強化へ)

情報元:2011年6月27日asahi.com

クラウド型顧客管理ソフトのセールスフォース・ドットコムが、システムインテグレータや独立系ソフトウェアベンダーを対象にした年次イベント「Partner Summit 2011 Spring」を開催した。

何年か前に私も参加させていただいたことがあるのですが、こうしたイベントはパートナー企業の士気を高めるだけでなくメディアの注目も集まるので非常に有効だと考えます。
今回の目玉は、トヨタ自動車との提携の発表で、私が参加した時は郵政公社との提携の発表に度肝を抜かされました。

イベントの内容は、おそらく、代表者の挨拶、アワード=成績優秀なパートナー企業の表彰、今後の戦略発表、イベントと併設されたパートナー企業のパネル展示、イベント後の立食パーティー。(すいません。参加していないので想像です。)

ここまで大掛かりなイベントでなくても定期的に表彰をするのは非常にいいことです。大企業がベンダーを集めたイベントをやるのには意味があるのです。中小企業だからやらなくていいというのではなく、大手の良いところはどんどん真似をしていき、大手に追いつきましょう。

やらないよりは、やった方が良い。だったらやりましょう!

関連記事

PAGE TOP